痛みやしびれがあまり軽減しない高齢者は総じて起床時血圧が150を超えています 血圧のコントロールが体調の第一条件です!

血圧と痛みやしびれの関連です。

驚愕の事実ですが、痛い、しびれるを強く訴える人は総じて血圧が高いのです。

ある患者さんは、180を超えていました。血圧のお薬はずっと飲まれています。

痛いから高いのか、高いから痛いのか、ニワトリと卵の関係みたいですが、私は高血圧が痛みを増長させる原因の一つと考えています。

 

早朝高血圧は見逃されやすい

お薬を飲んでいても、血圧がしっかりコントロールされいる人は少ないです。

早朝高血圧の可能性の指摘をしても、理解のある先生は循環器を診られる先生だけです。

脳卒中・心筋梗塞の予防は、まず早朝高血圧の発見が必要になります

 

自宅で起床後30分以内に測りましょう

家庭内血圧は大変重要です。受診前に1週間で良いので測ってみましょう。

起床後、お手洗いへ行かれてから、座って2分くらい安静にしてから測ります。

2回か3回測って平均を出します。方法は先生により違います。

早朝高血圧の発見するには! 正しい自宅での血圧測定の方法

 

高かったら血圧手帳を先生に診てもらいましょう

血圧手帳は薬局でもらえます。

早朝高血圧は寝るときにお薬を飲まないと下がりません。朝のお薬だけでは決して下がりません。

早朝高血圧の場合は処方を変えるのが普通ですが、頑なに変えない先生もいます。未だに患者さんをおもちゃにする先生もいます。

そのような場合は、受診先を変えた方が賢明です。血圧に対して不得意の先生も実際にいますので。

特に夏に血圧は総じて下がりますが、もし高かったら秋や冬に倒れる可能性が高くなります。

 

急激に正常域まで下げるられない実情

高血圧の患者さんを急激に正常域まで下げると、急に気を失ったり、ふらつき、立ちくらみ、目まいが出るそうです。

徐々に下げるとなるそうですが、高齢になると目標値まで下げられない場合もあるそうです。

この辺りは、診る先生の腕の見せ所ですね!

 

高血圧は痛くもかゆくもないので放置する人が多いのです

高齢になってからは、手遅れになるので中年からコントロールしましょう。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。