お薬を使わない手技治療のパイオニア|痛みやしびれを早く治す治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

両変形性膝関節症の痛みが、外側脊髄視床路への治療で軽快になった70歳代女性

80歳手前の女性の患者さんです。

辛い症状は

歩くのも辛いし、しゃがむのはもっと辛い、片膝に水が溜まっています。我慢してました。

外側脊髄視床路への治療

仙腸関節、中殿筋、梨状筋、大殿筋、膝関節裂隙に治療を行います。

当然、O脚がありますが、これは半月板の減少からの症状なので老化現象と考えています。

無理なアライメントの補正は不要です。よって、腓骨の矯正は行いません。行う場合は下肢筋の筋トレも必要になります。

関節の水(関節水腫)がみるみる消退する

私も驚きましたが、通院の度に関節に貯まった水が引きました。新しい発見です。

加圧リハビリを用いなくても膝の水を消退させる事が分かりました。

関節の水とは違う、関節自体の腫れも無くなりました。分かりやすく言うと、腫れが引いたので膝が痩せたようになります。

10回位の治療で略治しました。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。