ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)に微弱電気治療の効用を確認しました

ドケルバン病は一旦罹ると治るまで時間が必要になります。

手首や親指の安静が保てない場合は数ヶ月を必要とします。

標準治療は、手関節の固定装具を付けますが、親指の安静が中々保てないのが実情です。痛み止めも思うように効きません。

微弱電気治療が抜群の効果を発揮します

微弱電気治療=マイクロカレント治療とも言います。

当院では3台の微弱電気治療器が活躍しています。

腱の炎症状態の緩和に抜群の効果を発揮します。

当院では電気治療は補助的に使用していますが、これに関しては素晴らしい結果が出ます。

痛みや腱の動きが早期に回復できます。

特殊な方法

通常はプローブを用いた治療が多いのですが、一般には無い、10Hz、双極、方形波の特殊な設定で貼り付け導子にて行います。

電気治療も腱の炎症には抜群に効果が出る場合があります。

機械や治療法に興味のある先生はお問い合わせ下さい。

ご自宅での自己リハビリは

治療のみでは治りが遅いので、是非、試して下さい。

 

表紙:Health Content and Patient Education Solutions – Healthwise

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。