お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

椅子スクワットの極意であるスタートポジションの大事

ココを忘れている人が大変多いです。

せっかくスクワットを頑張って筋トレと思っても、疲れるだけ体操になっていませんか?

筋トレも練習が必要です

筋トレはなんとなく絵や動画を見てマネをすれば出来たようになりますが、しっかり筋肉の運動になっているかは別問題です。

中高年には椅子スクワットがお勧め

チェアースクワットとも言います。

足腰から老化しますので、スクワットは最高の種目になります。

下半身に痛みがあっても行うとこが可能です。

正しい方法

膝と足首が90度になるように用意します。

立ち上がるときに膝が曲がったり足首が曲がるのは正常な動きです。

そこから上半身を前に倒しつつ立ち上がります。10回を3セット位を毎日か一日おきに行います。

慣れてくれば、座る直前に座らずににして、再び立ち上がります。より強い負荷が掛かります。

正しいポジション

注意点

足が椅子の中に入らないようにします。

これは普段の立ち座りの動作で、筋力を使わないような動作になっています。このポジションと筋トレは違います。

間違ったポジション

膝や股関節が悪い人は

お尻に座布団などを挟んで角度を調整して痛みが出ないようにします。

筋トレは

筋肉に負荷負担を与えるのが目的なので、普段の動作とは少し違います。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。