お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

肩や首を揉まれた後に寝違いのような痛みを訴える70代男性

よく遭遇する症例です。

揉まれたことにより炎症状態になった?

ご本人さんの調子もあるでしょが、なることがあります。

一見では無く、時々かかられる所だったそうですが、いつもより違う感じがしたらしいです。

不用意な頸椎の矯正も悪化される原因の一つです。

治療は

元々、原因としてあったと考えます。

頸椎の椎間関節の副運動を回復させます。上部頚椎より頸椎5番の関節運動を基本とします。

外側脊髄視床路への治療を行います。三叉神経の支配を考えて治療をすると瞬時に頸部の筋肉が緩みます。

都合、一回で略治しました。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。