五十肩の症状を呈する70歳代女性 胸郭出口の筋緊張が原因の場合も

このような症状には頻繁に遭遇します。

症状

服を着るときに肩に強い痛みが出て、夜間にうずく痛みもあると訴えられます。

見た目は五十肩と同じです。

解説

胸郭出口症候群 – Wikipedia

治療は

診察の結果、胸郭出口症候群の前駆症状が原因でした。

斜角筋群(前・中・後)、胸鎖乳突筋の筋緊張が取れるように治療を行います。

この患者さんの場合は、外側脊髄視床路への治療と、頸椎椎間関節の副運動を回復させる治療を行います。

慢性になると

痛み止めで取りあえず痛みを抑えると一旦は楽になります。

しかし、治らずに慢性に移行すると、頚腕症候群、胸郭出口症候群、五十肩など多彩な症状が出ています。

軽い症状でも早目の処置が大切です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。