お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

80歳男性・膝関節内側側副靱帯(MCL)損傷に素晴らしい効果を出した高濃度水素水浴

この患者さんの症状はⅠ度で軽いですが、高齢のため長引くことが多いです。

Ⅰ度でも通常は2〜4週間かかります。

膝内側側副靭帯損傷の分類

内側側副靭帯損傷は、その程度によりⅠ~Ⅲ度に分類されています。

Ⅰ度は、小範囲の線維の損傷で、膝の不安定性を認めないものです。
Ⅱ度は、軽・中等度の膝の不安定性を認めますが、靭帯は完全断裂には至っていないものです。
Ⅲ度は、靭帯組織が完全に断裂したものです。

Ⅱ度までは良く診ます

初見が肝心です。

高齢者で、あきらかな靱帯損傷が認められる場合は、レントゲンの他にMRIやCTの検査で関節の中の状態の観察が必ず必要です。

靱帯の損傷が激しく、膝関節の動揺(グラグラする)がひどい場合はニーブレース(膝固定具)が必要になります。

この場合は整形外科へ転医が必要です。

この患者さんへの治療は

鎮痛目的の電気治療

下腿のアライメントの矯正

高濃度水素水浴

腫脹に良く効いた高濃度水素水浴

膝窩や膝内側面に腫れを認めましたが、1回の治療でほとんど消失しました。

この年齢になると、治療で効果が出ましたが、本人さんの体力が有ったからこそです。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
手技治療においては臨床経験の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。