お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

米国メイヨークリニック・青少年野球選手のトミージョン手術の実情【Infographic: Baseball Tommy John Surgery】

記事を機械翻訳してみました。

ウィキペディア

トミー・ジョン手術 – Wikipedia

記事:Striking Out Elbow Injuries in Youth Baseball

Infographic: Baseball Tommy John Surgery – Mayo Clinic News Network

機械翻訳結果 

青少年野球選手で肘のケガで失敗しないために

少年野球で肘の怪我を治すトミー・ジョン手術は、尺骨の副靱帯損傷の流行のために10代の投手の間で急増しています。

若い投手はこれまで以上に投げています。

より多くのピッチング:

いくつかの選手は今、一年中ピッチングを行っています。
彼らはより頻繁にピッチングすることができますので、複数のリーグでプレーしてる人もいます。

激しいピッチング:

高校の投手には、99mph(159㎞) 速球を投げるのを計測されています。
プロスカウトレポートは、92-95 mph(148-155㎞)を投げる投手を数百人見ています。

UCLとは、尺骨の副靱帯 (UCL) は肘の内側にあります。

Ulnar Collateral Ligament(UCL:尺側側副靱帯)

肘の靭帯は、55lb(25㎏)に相当するストレスを経験することができます。ピッチの間に手からぶら下がっている重量です。

思春期の UCL 再建手術が増えています。
2007と2011の間、は15-19歳のプレイヤーのUCL を再腱しています。

すべての UCL 再腱の57%を占めていいます。
前年比平均9%増加しています。

UCL損傷を呈する徴候

  • しばしば起きる、尺骨側(小指側)の肘の痛みとヒリヒリ感(上腕骨内側上顆のとんがった場所)
  • 腫れ
  • 腕のしびれやヒリヒリ感
  • 投げたときの肘の不安定感

多くの場合、休息と非外科的オプションが最良のコースです。

トミー・ジョン手術は、重度の涙や進行中の痛みを持つ人のための良好な回復率を持っています.

投手はスマートな予防方法でリスクを軽減することができます。

ピッチ数:

リトルリーグと全国高等学校連盟は、使いすぎを制限するためにピッチカウントを持っています.

休み:

若いプレイヤーは、1年中プレーしたり、一度に複数のリーグで競い合うことは避けてください。

コンディショニング:

適切な筋力トレーニングと正しいメカニックでのコーチングは、怪我を避けるために重要です。

野球の怪我の予防と治療。

予定をスケジュールするには、SportsMedicine.MayoClinic.org Mayo Clinic Sports Medicine
をご覧ください。

メイヨークリニック
Mayo Clinic – Mayo Clinic

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。