お薬を使わない手技治療のパイオニア|痛みやしびれを早く治す治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

健康のためとストレッチポールをやり過ぎて腰痛を悪化させた70歳代男性

健康のためと言っても、やり過ぎもダメな場合もあります。

日課で

腰痛予防もかねて、健康のためにストレッチポールの体操をやっています。やればどんどん楽になると思い込んで毎日実施されていました。

ある日突然に

中腰で下を向くと左の足に激痛が出るようになり来院されました。

病態は

基礎疾患として腰椎4.5番の変形腰椎症があります。

治療は

3回目の診察の結果、胸椎11.12番に過度の負担がかかっていました。特定するのに時間がかかりました。

対症的に治療を行い、体動時の痛みは解消されました。

悪化した理由を推察する

この患者さんには、ストレッチポールで背筋を伸ばすのが、その人の脊椎カーブに合わなかったと考えられます。

若い人でこのようなことはあり得ません。脊椎も柔軟性が無くなってきます。

行う回数を減らせば、このような症状が出なかったのかも知れません。

高齢になると、たとえ良いことでも徐々に体を慣らす必要があります。

「及ばざるは過ぎたるより勝(まさ)れり」

徳川家康の言葉ですが、言い得て妙です。どんな健康法もやり過ぎはいけません。

気持ちは皆さん若いですが、肉体は確実に年を取りますから、健康法も年代に合わせた方法を考えましょう。

人の健康法が自分に合うとは限らない

年齢と共に体質もかわりますので、人の健康法が自分に合うとは限りません。

単に伸ばせば良いじゃないかというストレッチは危険なので、やってみて合わない場合は、止めて他のを探しましょう。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。