腰部脊柱管狭窄症の痛みとしびれ 外側脊髄視床路の治療で症状半減した80歳代女性

毎日、お尻や足にしびれが出て辛かったそうです。

この患者さんは2年ぶりに来院されて、日々のしびれの辛さをコンコンと語られます。

飲み薬の効果は今ひとつのようでした

飲み薬や物理療法を保存療法と言います。

保存療法では、効果が劇的にあるというのは難しく、悪化をさせないようにということが指標になるのです。

最後は漢方薬を処方されたましたが、意外に効いた感じだったそうです。

ブロック注射は怖くて嫌で効果も?

ブロック注射は、打った後にしばらく休まないとダメだし、神経に当たったときに感触が嫌だそうです。

効果は数時間しかないそうです。

手術を勧められるが

高齢のご主人がいるので行いたくないとのことです。

外側脊髄視床路の治療

外側脊髄視床路は、痛覚や温冷覚の神経の通り道です。

痛みやしびれは長時間続くと脳に記憶されるので、どうすればリセットに近い状態に持って行けるかが問題となります。

臨床で追試を重ねるたびに、この治療の効果を実感しています。

画像で狭窄があっても原因とは限らない

梨状筋症候群は全ての腰部脊柱管狭窄症には存在すると考えた方が良いと思います。

ここへどのような治療をするのかが、先生方の腕の見せ所です。

梨状筋への直接の鍼治療はあまり効果が出ません。現時点では、鍼治療は不要です。

「10」の痛みやしびれが「5」になった

起床時はほぼ「0」になりましたが、夕方になると「5」になるそうです。

単純な治療ですが、外側脊髄視床路の感覚の再学習ができたためと考えています。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。