お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

頭鳴り??と言う、耳鳴りが著明に改善した例

飛騨地方の高齢者の方が時々このような言い方をされます。「頭鳴りがするんです。」??? よくよく聞くと、耳鳴り様の状態が頭の中で鳴っていると。これを、頭鳴り(ずなり)と言われます。

病態は

耳鼻科の先生の診断は加齢性難聴(老人性難聴)の診断です。他、色々な検査はされましたが異常なしでした。頭が鳴るのに関してはコメントは無かったそうです。

 

耳鳴りの治療は

総合骨格矯正術による上部頸椎の矯正と、頸部背部の血流の改善の治療を行います。針治療は行いません。

 

実績は

加齢性難聴による耳鳴りは、現状より音が小さくなる、又は音質が変わり気にならなくなる場合が殆どです。改善度合いに、非常に個人差があるので、実際、治療をしないと分からないです。

5回程度の治療にて予後の判断が可能です。当初の治療で音に変化や小さくならない場合は、改善が難しいと判断します。ただ、あきらめずに半年以上通院されて改善された例も存在します。難聴状態が改善された例もあります。

変化の無い場合は、ご相談しながら治療の可否を判断していきます。

 

この患者さんは

1回の治療にて耳鳴りや頭痛が消失し大変驚かれました。時々、このような体験しますが、これはチャンピオンデータですから、全ての患者さんの耳鳴りが消失することはありません。

 

考えられる作用機序

加齢性難聴は、聴覚神経へ伝える絨毛(有毛細胞)が減るのが原因なので回復することは不可能とされていますが、聴覚に関わる神経の流れや血流を改善することにより、現状より耳鳴りが減少します。当院では、三叉神経からのアプローチを行います。

 

勉強される方へ

上部頸椎が変位している場合が殆どですが、スラストを使用しない矯正が可能だと劇的な症状改善が見込めます。ソフト矯正とか言われているのは全く無効です。スラストを使用しないテクニックは、一般には公開されていなく、習得に時間がかかります。

歪みの大小では無く、フィクセーション(fixation)=癒着の度合いにて、治療の難しさや、治療成績の優劣が決まります。ですから、歪みが強く出ていても癒着が少ないと1回の治療で激変します。

各椎間関節の動きを治すと同時に頸椎および胸椎全体の動きのバランスを整えますが、バランス重視か歪みの矯正を重視かは患者さんにより違います。

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。