お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています・小又「こまた」と読みます

80歳女性 立って台所の洗い物が苦痛 加圧リハビリ村坂法にて軽快に

高齢になると、台所での洗い物も苦痛になります。

肘を流しの角に着きながら洗っていたそうです。

これが、ロコモティブシンドロームです。

ロコモティブ症候群 – Wikipedia

脚力の低下が原因ですが

筋トレを頑張れとは言えません。

下手に頑張ると血圧も上がってしまいます。怒責になりやすい(息を止めて力む)

加圧トレーニングより考案した加圧リハビリ村坂法をメインに実施します。

素晴らしい効果を発揮します。

冬の散歩も、路面凍結で転倒の危険がありお勧めできません。

当院の治療

加圧リハビリ村坂法(筋反射・筋出力の向上)
高濃度水素水浴(悪玉活性酸素の除去)
リアラインメソッド(立位の骨盤クランク運動の改善)

3回実施後に実感

もう、肘を着かなくても大丈夫との事です。

しかし、止めると元に戻るので継続した治療が必要となります。

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。