結果を出す手技療法のパイオニア

テニス肘の60代女性 経筋療法と加圧リハビリ®で早期に治りました

高山市の患者さんです。手を酷使する職業です。

テニス肘=上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)と言います。

ある日突然痛みが出で、箸を持つのも痛いと来院されました。

この突然の痛みを何かしたのかなと勘違いします。

簡単に言うと、痛みと言う水がコップから溢れると痛みが強烈に出るので、それまでは違和感程度か又は感じない人が多いのです。

腱が骨に引っ付く場所での炎症なので普通は治りにくいのです。

通常は3ヶ月から半年かかりますが、加圧リハビリ®で1.5ヶ月くらいになっていました。

それに経筋療法を取り入れたら1ヶ月以内に治るようになってきました。

世界標準のメルクマニュアルの解説

上腕骨外側上顆炎 – 25. 外傷と中毒 – MSDマニュアル家庭版

使用した経筋

大腸経筋(手の陽明大腸経筋)を使い、当院の独自開発の方法で行います。

敏感な人はその場で改善を感じられます。

経筋療法入門/藤川直孝先生より

頻繁な来院できない

来院できない人は、村坂ストレッチ法とチクチク療法で治します。

チクチク療法は対面の指導が必要になります。

資料販売 – 小又接骨院 村坂克之

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。