お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

変形性頚椎症 両手のしびれと肩の痛み 80歳代女性 前頚部矯正法と刺絡治療村坂法で半減

整形外科へ通院されましたが、かんばしくなくて来院されました。

お薬やリハビリを一年近く続けたそうです。

高齢者の変形性頚椎症は難渋する

今までは、ほどこしようが無いのが現状でした。

ようやく、治りにくいしびれに対して効果のある治療を開発できました。

前頚部矯正法と刺絡治療村坂法を

前頚部矯正法を用いると、頚部への負担をかけること無く、頸椎椎間関節の可動域を広げることが可能になりました。

刺絡治療も標準の治療方法から発展させて独自の方法を行います。ポイントも全く違います。

5回を過ぎた辺りから良い変化を感じられる

初回から治療の効果は確認できるのですが、ご高齢のため、なかなか自覚できなのが実情です。

効いてても自覚症状が変化無いと、治療の意味がありません。

画像診断で厳しいと言われても

画像診断で厳しいと言われても治療で好転する場合もありますから、あきらめないようにしましょう。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。