お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

凍結路を歩行中に膝を強く捻る 内側側副靱帯損傷や前十字靱帯損傷の可能性

中年男性。

凍結路を歩行中に膝を強く捻りました。

負傷後にすぐ来院されました。

膝前十字靱帯の徒手検査法を行います

前方引き出しテストとLuchmann(ラックマン)テストです。

偽陽性です。

内側側副靱帯損傷は明らかな外反動揺が認められます。

直ちに検査です。

この場合は、レントゲンで異常は分からないので、MRI検査が必要です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。