腰部脊柱管狭窄症の79歳男性 1年に渡る治療の結果 痛みは消失しびれは残存

腰部脊柱管狭窄症の79歳男性です。下腿部から足指先までのしびれと痛みがあります。手術は行っていません。

解説

治療の結果

通院通院を始められて1年以上経ちます。ようやく痛みもなくなり後はしびれが残っています。

当院へ来院される以前は、整形外科へ通院されてたようですが、既にお薬は止められています。

治療は、週に1回のチクチク療法と高濃度水素水浴を続けた結果です。回数にして1年ですから54回以上になります。足かけ年齢数くらいは来られていると思います。

狭窄症の独特な反応として、チクチク療法の時に痛みを通常以上に感じますから、少しの時間我慢が必要となります。良薬は口に苦しです。

やはり79歳という年齢を考えると、すぐ改善するということは考えにくく、この患者さんは喫煙をされていましたので余計に反応が悪く時間がかかったと考えられます。

今後の予想

今後しびれがどうなるかですが、喫煙を続けられている限り改善は難しいと考えられます。

また、しびれは長年の機械的圧迫により神経線維が変性した結果とも言われていますから、手術をしても多少しか改善しないでしょう。

活動量も、農作物を継続的に出荷されていますので、同年代の男性より働かれていると思います。

治療も完全に中止すると痛みも再び出てくるので、今後も時々の治療は必要になります。

あきらめない気持ち

何歳になってもあきらめずに、時間と回数を重ねることによって、症状の改善が期待できる可能性が高まります。

但し、通院回数は年齢相当は必要だと思います。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。