どれだけ予防しても老化は防げない 歯槽膿漏の激痛を体験して

2017年の正月は歯槽膿漏の激痛で年が明けました。

紅白歌合戦の前に変な感じはあったのです。

痛み止めのカロナールを飲んで、一時は痛みは引きました。

翌日から耐えがたい痛みが出できました。

3ヶ月おきに歯の掃除に

いつも、キレイに磨いてますねと言われていました。

毎日の歯のルーティン

歯磨き、舌ブラシ、歯間ブラシ、水流と指で歯茎をマッサージを行っています。

それにより、歯茎のポケットの深さも回復してきました。

疲労やストレスで発症するらしい

毎年、年末は熱が出るのですが、調子良いと思ったら歯茎に来ました。

歯のレントゲンで異常の無い歯です。

痛みが引くのに2週間

男は痛みに弱い人が多くて、最初は気絶するくらいの痛みです。何も食べられません。

歯科の先生に切れ気味になる

本当に痛いので抜いて欲しいと懇願しても、大丈夫と取り合ってくれません。

数日おきに、歯の抗生剤を塗りに通います。

処方された痛み止めと抗生剤を、俺は牛かと思うほどたくさん飲みます。(牛が飲んでいるところは見たことは無いですが)

予防も大切ですが

予防も大切ですが、発病したときの早期の適切な治療が一番大切と体験しました。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。