お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

踵の打撲痛が引かない70代女性

穴に落ちて踵を強打しました。「なんてこった!」と嘆かれたそうです。

腫れて足が付けなくなったので総合病院で検査を受けました。骨や靱帯には異常ありませんでした。

結果は打撲で日にち薬でだんだん良くなるとのご託宣です。

つらい症状

2週間経っても、足を付くと激痛がして歩くのがつらい。

治療

アクティベーターメソッドにて、距骨滑車の動きをスムーズにし、Chopart関節や距骨下関節の可動域を広げます。

解剖運動学矯正法でChopart関節やLisfranc関節の矯正も行います。

距腿関節の隙間を手技で修正します。

高濃度炭酸泉浴で下肢の血行循環を改善します。

加圧リハビリ村坂法で下肢の筋力と血行循環を改善します。

経過

初回で踵の腫れが半減し驚かれました。

3回の治療で歩行も正常に近づき喜ばれています。

表紙:Visible Body Home

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。