お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

背中・肩・腕の脂肪腫は、意外なことに体調に影響しますから早く取ってもらいましょう

脂肪腫は結局取ってもらった方が良い選択です。

通常は日帰りで出来るそうです。

 

脂肪腫とは

日本形成外科学会 > 一般の方へ > 疾患紹介~こんな病気を治します! > 母斑、血管腫、良性腫瘍 > 母斑、血管腫、良性腫瘍(1)

日本形成外科学会 > 会員の方へ > 形成外科で扱う疾患 > 母斑、血管腫、良性腫瘍 > 脂肪腫

 

良く遭遇します

治療で患者さんの皮膚を観察しますので、良く発見します。

 

患者さんは診察済み

触って普通に分かるので、診察を受けられています。

殆どの先生は、「悪さはしないので、そのまま様子を見ましょう」と言います。

 

残念ですが小さくなることはありません

脂肪腫は一旦できると、大きくなることはあっても小さくなることはありません。

 

背中や腕に出来たのは

背中や肩の脂肪腫は時々違和感を訴える患者さんもいます。

背中に出来ると寝相に影響します。本人さんが気にならなくても自然に体位を変えています。

背中に出来た人で、切除してもらったらびっくりするほど肩こりが楽になった例があります。

直近の例は、手のしびれがほとんど取れました。

腕や手首に出来ると、どうしても見えるし、触れるし、人と会うと気になるし困ったものです。

この場合も切除してもらうと、日常のストレスが無くなります。

 

外科か形成外科を受診しましょう

通常の診察では、まず様子を見ましょうとなりますから、「切って欲しい」と希望を言いましょう。

切ってもらえないのなら、切ってくれる先生を紹介してもらいましょう。

切除してもらうと、こんなに影響してたかと驚かれると思います。

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。