お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

高齢者の変形性頸椎症 首を動かすと激痛 加圧リハビリ®で全快

70代、男性、退職後、農業に専念されている方です。

もう農作業は無理と思われていましたが、今では元気にトラクターを運転されて、バックの時も後ろ向きに首を回しても痛みが出なくなりました。

訴えられた辛い症状は

頭の位置を変える度に生じる強い頭痛と首と肩のコリ感と痛み。例えば、車やトラクターでのバックの時に凄く痛い、上を向いたも下を向いても痛い。

経過は

約1年前に整形外科を受診され、頸椎1番2番3番の加齢による変形から来る症状だと。痛み止めを処方されまして、当初は良かったのですが、再びだんだん痛くなり、不安になり来院されました。

病態は

これは後頭神経痛によっての症状として治療しました。

治療期間

約二ヶ月半の間に21回通院されました。略治されました。あきらめずに通われたので、治すことができました。

このような症状はマッサージは行ってはダメです。

治療の流れ

この患者さんに対しての結果です、患者さんにより治療の感受性は異なります。

総合骨格矯正術(頸椎のモビリティーの回復操作)/無効
針治療/無効
マイクロカレント療法(神経原性疼痛の緩和)/有効
加圧リハビリ/有効

高齢者の方は、マスクされた基礎疾患がありますから、治療も細心の注意が必要です。

いかに、物理療法で神経原性疼痛の緩和を行うのかが肝要です。

緩和されることにより、頸椎のモビリティーも自ずと回復します。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。