お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

パワー(体力)は食事と睡眠で得られます、欠けると病気の治療も効きにくいです

気功などでパワーを入れると聞きますが、そうゆうことに体をゆだねることは非常に危険だと私は考えています。

体の栄養は

食事です。

色々な食事療法がありますが、極端な考えは避けて始めましょう。

PFC(ピー・エフ・シー)バランスです。

三大栄養素である、P=タンパク質・F=脂質・C=炭水化物は必要です。

飽食の現代ではビタミン類は余り関係無いです。

癌の場合は

まず、体重が落ちないように努力して下さい。体重の維持が使命です!!!

当然、タバコや酒は厳禁です。

健康食品にお金を掛けるくらいなら、食事を充実させましょう。

食欲がない時は、ご自身の好きな物で良いです。

悪性リンパ腫の一例

抗がん剤で食欲がなくなり体重がドンドン減りました。

夜中の一時だけ吐き気がなくなり、ここぞと、あられをムシャムシャ食べられました。

体重が元に戻り始め、抗がん剤も続けることができ緩解されました。5年後も存命です。

その時、同じ病気で痩せていった人々は亡くなられたそうです。

心の栄養は

睡眠です。

睡眠がまともに取れないようですと、判断を間違えることが多くなります。

寝られないようなら

いわれない不安で、寝られないようなら睡眠薬を処方してもらいましょう。

寝られないのが続くと、うつ病などの心の病気になりやすくなります。

治療しても効かない?

よくよく聞きましたら、ずっと寝不足が続いていました。

しばらく、早寝早起きのリズムに変えてもらいましたら、トントン順調に治りました。

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。