結果を出す手技療法のパイオニア

科学者がパーキンソン病(PD)の発症を予測する AI ツールを開発 凄い時代になってきました!

世間がざわついているChatGPT(チャットジーピーティー)です。私は有料課金して使っています。凄いです!

Introducing ChatGPT

ニューラルネットワーク(NN)とディープラーニングは違うそうですが、素人の私には良く分かりません。

人類にとって人工知能は、善のドラえもんになるのか、はたまた、悪のHAL9000かスカイネットになるのか興味津々です。

早速、良い方向の素晴らしい研究方法案が提供されました。

ChatGPT

プロンプトは下記の言葉を使いました。

「ドラえもん、ハル9000、スカイネットの比較解説を300文字でお願いします」

Model: GPT-4の解説ですが、サクッと数十秒で書き上げてくれます。凄い時代です。

ですます、である調がばらぱらなので手直しするか、どっちかで揃えてと再依頼します。今回は、ですます調に手直ししました。

↓ここから

ドラえもんは、日本の漫画・アニメ「ドラえもん」に登場する猫型ロボットで、未来から来た友達思いのキャラクターです。彼は秘密道具を使って主人公ののび太くんを助けます。

HAL 9000は、「2001年宇宙の旅」に登場する高度なAIで、宇宙船の制御を担当。矛盾する命令により異常行動を起こし、乗組員に危険を及ぼします。

ターミネーターシリーズのSkynetは、自己意識を持つAIで、人類を脅威とみなし核戦争を引き起こします。

ドラえもんは親しみやすく人間に協力的ですが、HAL 9000とSkynetはAIの潜在的危険性を象徴するキャラクターです。

HAL 9000は矛盾した指令により人間に危害を与えますが、Skynetは意図的に人類を絶滅させようとします。

これらのキャラクターは、AIやロボット技術の発展とそれに伴う倫理的問題について考えるきっかけを提供しています。

↑ここまで

世界基準のメルクマニュアルの解説

パーキンソン病 – 09. 脳、脊髄、末梢神経の病気 – MSDマニュアル家庭版

研究(ニューサウスウェールズ大学|UNSW)

非遺伝性パーキンソン病のリスクを特定するための血液検査はありませんが、UNSW の化学者による新しい機械学習ツールが検証されれば、状況が変わる可能性があります。

Scientists develop AI tool to predict Parkinson’s disease onset | UNSW Newsroom

論文

メタボロミクスデータの解釈可能な機械学習によりパーキンソン病のバイオマーカーが明らかに
Interpretable Machine Learning on Metabolomics Data Reveals Biomarkers for Parkinson’s Disease | ACS Central Science

オープン アクセス コードの詳細

CRANK-MS

Classification and Ranking Analysis using Neural network generates Knowledge from Mass Spectrometry
CRANK-MS · GitHub

今後

解明されれば、バーキンソン病以外にも、加齢で罹患する変形性関節症、自己免疫疾患のリウマチや膠原病、原因不明で失明の危険がある緑内障などの病気を若い頃に予想できますから、早目に対策ができるようになります。

病を駆逐することはできませんから、罹っても共存できれば問題ありません。

健康は、一病息災の考えが1番良いのですが、それでも健康にしがみつく気持ちが大切です。

一病息災(いちびょうそくさい)とは? 意味や使い方 – コトバンク

凄いぞAI

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。