結果を出す手技療法のパイオニア

テニス肘の50代女性 独自の施術プログラムで早期に改善します

50代女性、テニス肘です。正式には上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつ がいそくじょうかえん)と言います。

2、3ヶ月前からだんだん痛くなってきましたが、作業時に痛みが強くなり来院されました。

世界標準メルクマニュアルの解説

上腕骨外側上顆炎 – 25. 外傷と中毒 – MSDマニュアル家庭版

症状

雑巾を絞れず、鍋やヤカンを持つのがつらいほどの痛みです。ノブを回したり、こねる動作がつらいです。

手のひらを上にする動作では痛みは出ません。

使用する治療法

鍼、灸、マイクロカレント微弱電流、ソマニクス®です。

使用する鍼(針)も長年の研究でたどり着いたもの使用すると効果抜群です。

灸も独自の解釈で使います。

マイクロカレント微弱電流はメーカーと使用する周波数を厳選します。

ソマニクス®を、テニス肘用の長年探して見つけたの体幹ポイントに貼ると、驚く程、改善スピードに加速が付きます。

遠絡統合療法の考えを使用します。

上腕骨の骨膜付着部の炎症をいかに消退されるのがポイントです。

このような治療法で早く改善するのをみると、人間の回復能力は凄いなと毎回思います。

経過

都合、10日間で3回施術を行い、痛みも軽減して雑巾を絞れるようになりました。

テニス肘は通常、3ヶ月から半年かかりますが、当院独自の施術ですと、大体1ヵ月以内に症状は改善します。

当然ですが、テニス肘用のサポーターを装着しないと、早く改善しません。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。