お薬を使わない手技療法のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

背中・腰・両膝・坐骨神経が痛い50代女性 独自の鍼灸で軽快に 今後は加圧リハビリ®を併用し膝を丈夫にします

接骨院や鍼灸院へ通われていたそうですが、変化が無く来院されました。

これだけ色々と痛いと本人さんも分けが分からなくてっています。

詳しく問診をしてから、治したい順番の希望を患者さんに聞くことにしてます。

そりゃ全部サクッと治れば良いですが、魔法の治療はありませんから、優先順位を決めた方が結果が出やすいです。

意外に治したい順番を決めることにより、本来の悪い場所がが判明してくる事が多く体験しています。

患者さんは50代なので施術によく反応して、1回で痛みが激減しました。

しかし、症状は戻るので数回から10回程度の来院が必要になります。

施術

50代ですから矯正法マニュピュレーションも有効ですが、これだけ色々と症状があると鍼灸一択になり、できるだけ総ての症状に効果が出るようにします。

鍼灸の鍼の長さも、30ミリから125ミリまで、太さも色々使います。

坐骨神経や大腰筋への傍側まで届く長い鍼が必要になり、これを使わないと効果が出ないと断言しても良いくらいです。

その深さは、手技や電気では届かないのです。ちょんちょん刺す鍼(針)では決して効果が出ないのです。

ブロック注射と違い、毫針は注射針より安全ですし、意外に脳への求心性の効果もちゃんと出ます。難しいのは刺し方で、こればかりは自分に刺して練習するしか有りません。

初回、膝に力が入るようにして、痛みも寛解するように施術を終了しました。

今後は、膝の状態を改善する加圧リハビリ®を主体にして時々鍼灸を組み合わせて行けば、痛みの無い世界に行けると思います。

そうなると、半年くらいの期間は必要になります。

今、しっかり治すか、それとも適当に痛み止めで誤魔化していくのかで、この患者さんの未来は変わります。

この記事を書いた人

Avatar photo

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。