結果を出す手技療法のパイオニア

「先生に縁がつながって良かったです」と言われた、乳がん手術後後遺症の患者さん

手術部位の痛みや抗がん剤の副作用で色々な症状が出ます。それに対しての施術を行い、皆さん良好な結果が出ています。

この患者さんは、施術を継続中ですが、3回目から変化が出て、6回行い9割以上症状が取れました。まだ40代なので早かったと思います。

通常は10回以上必要です。

患者さんがしみじみと言われました。

「私は本当によかったです、先生に施術をして貰い体調が本当に良くなりました。」

「最初は家族の紹介で話半分の気持ちで来院しました」

「びっくりしたのが、20代に手術した腰椎椎間板ヘルニアと数年前の膝の骨折が簡単な施術で良くなったことです」

「それで乳がんの後遺症の相談をしたら、施術ができると言われ鍼灸を開始してもらいました」

「施術の度にドンドン良くなるのでびっくりました、これからもよろしくお願いします」

と言われました。

患者さんは古傷が治った事で、私を信じて相談され後遺症の施術を開始したのですが、指示どうりに真面目に通院されたので、このような素晴らしい結果が出たと思います。

鍼灸は行う術者で全く異なります。当院の施術結果は当院独自の鍼灸で実現しています。

お悩みなら、迷わずご相談か来院をお勧めします。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。鍼師、灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。