結果を出す手技療法のパイオニア

整形外科で薬しか出してくれないと その処方が治療なのですが…

整形外科でレントゲンを撮られ、来院した患者さんです。

患者さんは、薬しか出してくれなくて何もしてくれないと言われました。

整形外科では、レントゲン撮影に基づき診断を下してお薬を処方するのが治療となります。

これを勘違いしている人が大変多いのです。

あとはリハビリ=物理療法を行ったり、理学療法士や作業療法士が徒手治療を行い可動域の改善を行います。

可動域を測定しますから、どうしても可動域の改善ばかりに目が行き、痛みの改善とはチグハグになっている実情もあります。

症状は、テニス肘とSTT関節炎です。

STT関節炎は、既にSTT関節が脱臼している状態なので、当院の治療で痛みは取れますが、いづれかは手術の検討となる状態です。

農業をされる力仕事ですから、手術適応となるでしょう。

特殊鍼法とチクチク療法(長田式無血刺絡療法)で痛み自体は取れるので、治療としては正解になります。

整形外科では詳しい説明は無かったと言われましたが、実際はどうだったのかは知る術はありません。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。鍼師、灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。