お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

村上宥快和尚さん説法「人間の使命」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

人間の使命

私たち人間がこの世に生れることは、転生輪廻てんしょうりんねという循環の法則に従い生まれてくるのです。

そして神の子としての人生の目的や使命が厳然として存在するのです。

しかし、多くの人々は知るや知らずや知るよしもなく、ただ漠然と生きながら金銭欲、物質欲に固執し人生を終り、またあの世に還ってから後悔してもあとの祭りです。

千年も待たなければこの世に出てくることができないのです。

私たち人間の生命には死はありません。生命の仕組みが解からないために理解ができないのです。

正しい仏教の実践の方法がわからないから、拝んだり、経文を上げたり、又、仏像をまつったりしていたのでは、真に生命の存在の使命や目的も理解することは不可能でしょう。

私たち人間は精神という心を持ち神経という働きを持っています。それゆえ人間は、神の子仏の子といっているのです。

人間は神の意志を通してこの世の働きをしなければなりません。しかし、多くの人々は神の存在すら否定し理解することができないのですから無理もありません。

私たちはこの世とあの世を、無限に往復してさまざまな体験を通し魂(心)の進化や進歩を続けていくものです。

そして神の心である慈悲と愛の心のように無限大の心をつちかい、この地上界に神の心を具現していかねばなりません。

それゆえ、魂の乗り舟(肉体)に乗って修行するのが目的で、この世に生れ出てくるのです。そして客観的にさまざまな体験をして魂の進化をはかるものなのです。

私たちの意識の記録を記憶しているのが神のこころです。

記憶している世界を般若波羅蜜多はんにゃはらみたと言い、般若心経はんにゃしんぎょうの経文の中で説明しています。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。