村上宥快和尚さん説法「依頼心が招く霊魂」

村上宥快むらかみゆうかい和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

依頼心が招く霊魂

ある宗教はお金がかかるそうです。

以前、御婦人が蛇の霊魂が憑いたので取ってやるから、五十万、百万持ってこいという新興宗教がありました。

その人を霊視すると蛇の霊魂が憑いていました。年中頭痛持ちなのです。

なぜ憑いたのかは、四百年前の蛇退治に使ったナタを、家宝にしてあるのです。

その境遇もさることながら、お金に対する執着がものすごく強かったのです。ですから、お祀(まつ)り宗教へ走るのです。

私が心を調和すると、不調和な霊魂はぶっ倒れます。ドスンと引っ繰り返る音が、並々ならない音なのです。このような現象は世の中にいくらでもあるのです。

自分という心を持たないで、人に頼るという依存心があるから、心の隙に地獄の霊魂や、動物霊が入ってきます。

動物、あるいは地獄の霊といえども、エネルギー体ですから死ぬことはありません。

私は自分の心を調和して、蛇の霊魂によく言い聞かせて、人間の修行の邪魔をしてはなりません、と静かに言ったら、一回で出ていきませんでしたが、二回目に、ようやく出ていきました。

実際に蛇の霊魂がいます。現代の、文化、文明の世界に、動物霊、地獄霊はいないだろうと思いますが、ところが逆なのです。

現代の心を失った時代においては、自分の心をうつろにしている人が非常に多いのです。それゆえに、地獄霊や、動物霊に取り憑かれて、さいなまれるのです。

私は、動物霊や地獄霊に取り憑かれた人びとの体験を、たくさん持っています。

これは、自分の心をないがしろにするから、自分の心に隙ができたところに魔に入られるのです。

決して嘘ではないのです。

安易に色々なものを、拝んだり、上げたりしてはいけません。

自分の心の調和をはかっていくことを忘れてはなりません。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。