お薬を使わない手技治療のパイオニア

足の母趾の原因不明の痛みがある60歳代女性 腰部神経根鍼で改善してきました

多彩な症状で数年通院されています。

片足の母趾に違和感と知覚が鈍く、靴を履くと痛みが出ます。

外反母趾もありますが治療は完了し、村坂村坂ゴムバンド足指強化法を行って頂き良好です。

巻き爪もありますが食い込む爪の破片も除去しています。

このようにしても解消しないとなると支配神経の何らかの問題ではないかと考えます。

治療

腰部神経根鍼を行います。

坐骨神経に響くので患者さんは嫌な感じを受けますが、治療後は症状も軽くなります。

その治療を5.6回続けたら、随分と調子が良くなってきました。

神経の鈍麻は大変改善しにくいのですが、本症例の患者さんは反応したので良かったです。

当然、刺絡は併用して行っていますが、根本の状態が改善しないと刺絡の効果は薄いです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

1960年生まれ。村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師や鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながりますので、年齢と共にますます成績が向上しています。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に当院の治療や独自リハビリなどを行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。