お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

女性の腰椎椎間板ヘルニア 貧血があると治りが悪く再発しやすいと考えています

女性にとって貧血は大敵です。しかし、貧血で七転八倒の苦しみも無いので放置する人が殆どです。

貧血があると、全ての病状に対して治癒力が落ちると考えています。

今回、40代女性の腰椎椎間板ヘルニアの患者さんが2名立て続けに来院されました。

体格は細身です。体を使う仕事です。

神経学検査、SLRに異常が出て、MRIでもヘルニアを確認しました。

全身状態の問診で、貧血があると言われ、1名は血色素量が少なく献血もできないとのことです。

治療を行っても、反応が悪い印象です。

整形外科で投薬治療も受けられていますので、発症から2.3ヶ月で症状は落ち着きます。

ブロック注射は2名とも、1回はやったけど怖くて中止したそうです。

腰椎椎間板ヘルニアでも、痛み止めのロキソプロフェンなどを処方されますが、シビれ止めのリリカやタリージェも慣習で投与される先生が多いです。

今回の2名とも、ヘルニアの再発や再々発をしています。

元々の腰の状態が悪いと考えますが、やはり血液量が少ないと治す力が弱いと考えます。

貧血は内科ですが、どの科でも診て貰えますから、ちゃんと治療を受けて下さい。

貧血度合が改善されれば、痛めても治るスピードは早くなります。

貧血のお薬(市販の鉄剤)

医師の治療を受ける時間が無い人は市販薬を試して下さい。

created by Rinker
日本臓器製薬
¥2,225 (2022/08/10 07:07:25時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
佐藤製薬
¥2,222 (2022/08/10 07:07:26時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ファイチ
¥2,235 (2022/08/10 07:07:26時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
全薬工業
¥2,532 (2022/08/10 22:39:47時点 Amazon調べ-詳細)

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。