お薬を使わない手技治療のパイオニア

昨年腰椎椎間板ヘルニアで転医した54歳男性 今年も来院 特殊鍼法で軽快に ようやく緩解法が見つかりました

昨年腰椎椎間板ヘルニアで転医した患者さんです。

当初、軽い坐骨神経痛でしたが、仕事で無理をされて悪化、当院の治療だけでは早期に改善しないと判断し整形外科へ転医しました。

その後は不明でしたが、今回来院され、お薬で2ヶ月くらいかかったけど一応治ったとの事でした。

ブロック注射は行わなかったそうです。

症状

昨年と同じ側の腰痛とお尻への痛みもあります。江戸の敵を長崎で討つ気分です。

これは軽度の腰椎椎間板ヘルニア、椎間関節、椎間板症のいずれかの症候です。

やはり、根本的な状態は治っていないようです。

治療

この患者さんには、いつも解剖運動学に基づく矯正法マニュピュレーションを行います。

経絡の治療で治る場合もありますから鑑別が重要です。

この治療法も解剖学から推理すれば簡単な方法なのですが、経絡や東洋医学にこだわるとたどり着きません。

鍼+マイクロカレントを行います。ポイントの選定と刺入方法が特殊になります。

特殊な鍼は不要です。この私の手技が記載されている書籍はありません。

結果

治療後数日して再来院されました。

腰部痛や臀部痛はほぼ消失していますが、圧痛は残存しています。遠絡を行い、他の気になる場所のコントロールを行いました。

悪化する前に、先先に手を打つような治療が大切だと痛感しました。

どの治療をどのタイミングで行うのか、その見極めを正確にできるようにならないと、と自戒しました。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

1960年生まれ。村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師や鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながりますので、年齢と共にますます成績が向上しています。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に当院の治療や独自リハビリなどを行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。