お薬を使わない手技治療のパイオニア

ロキソニンで腰痛が治らない62歳男性 特殊鍼法で略治しました

腰痛が変化しないと来院する患者さんです。高山時代から通院されています。

来院時の状態

なんとか仕事ができていますが、へっぴり腰で来院されました。

ベッドでの寝起きが辛いです。コルセットをガンガンに巻いて仕事をしています。

治療

この患者さんには、いつも解剖運動学に基づく矯正法マニュピュレーションを行います。

ロキソニンを飲んでも改善しないのは、関節の隙間の異常の他に患部の炎症が取れていない証拠なので、矯正法マニュピュレーションだけでは効きが甘いと判断し、鍼を行うことにしました。

仙腸関節、腰仙関節、椎間関節の炎症を鎮めるように行います。

この特殊鍼法も解剖学から推理すれば簡単な方法なのですが、経絡や東洋医学にこだわるとたどり着きません。

腰椎椎間板ヘルニアの徴候はありませんが、体は痛みのため硬くなっています。

鍼自体もこの治療に向いている向いていないがあります。

鍼+マイクロカレントを行います。ポイントの選定と刺入方法が特殊になります。

この私の手技が記載されている書籍はありません。

結果

治療直後に痛みは殆ど消失し、次回は痛みがあるようなら来院と言いましたが、その後来院されませんから調子良いと思います。

仕事をされている患者さんへは、治療でいかに早く治すかを日々考えています。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

1960年生まれ。村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師や鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながりますので、年齢と共にますます成績が向上しています。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に当院の治療や独自リハビリなどを行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。