結果を出す手技療法のパイオニア

村上宥快和尚さん説法「大脳・脾臓」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

大脳・脾臓

大脳皮質を通して神の意識により、あの世の存在を伝承されてくるのです。

大脳皮質は、あの世から来る電子はプラスの電子、想念で造り出される電子はマイナスの電子なのです。ここで様々な反応が起こってくるのです。これが私たちの魂の働きなのです。

しかも肉体を維持するために、エネルギーが送られてくるのです。

あの世から送られてくるエネルギーは、必ず脾臓という臓器に伝承されて、脾臓から大脳皮質を経て、私たちの神経関係に入ってくるのです。

本当に現代の医学は、脾臓は何の役を務めているのか全くわからないのです。

脾臓は、私たちが眠りにつき、あの世に還ります。あの世で蓄えたエネルギーは、一旦、脾臓が中継所になるのです。

そのエネルギーが大脳皮質に入り、大脳皮質から各諸器官に配分をされているのです。

これが私たちの本当の姿なのです。

想念という私たちの心の原点、これを中心として本能、感情、知性、理性にて、この意識により色々と物事を脳細胞に配分されて、コントロールタワーとなり私たちの生命というものを生かしているのです。

約二百五十億の細胞集団により脳が構成されています。

現代は脳細胞の教育はしています。脳細胞をどれだけ教育しても、私たちの心という尊厳は脳細胞がコントロールしているのではないのです。

心という、あの世から来るエネルギーを使って、想念という条件の中で脳細胞をコントロールして、五官機能を用いて色々な人間的な働きをするのが実情なのです。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。鍼師、灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。