お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「五官が六根」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

五官が六根

人間には、生きていくのに必要な機能があります。それを五官機能といいます。

五官とは、味覚、臭覚、視覚、聴覚、触覚の五つを指します。これは、それぞれの神経の働きにより、成り立ちます。

感じたもの、匂ったもの、見たもの、聞いたものは、触ったもの、全て大宇宙の意識、神の心である般若波羅密多という世界に収録されるのです。

六根とは、心で見ないで五官で見たままの環境、これが六根なのです。

私たちは、心でものを見る訓練をしていくことが正法なのです。

六根は一体、どこから出たのかというと、心の中の間違った感情や知性や本能の心の働きが、そうさせてしまっているのです。

例えば、その人の顔を見ているうちは、心の中で恨みを持つことがあります。

しかし、神様の調和のエネルギーを貰っているのに、憎しみ、恨み、嫉妬に使ってはならないのです。

神様の子である自分自身の自覚がなければ、これを修正するには、なかなか難しい問題があるのです。

人間というものは、恨みとか憎しみは、なかなか消えにくいものです。

目や耳や鼻や、五官機能で感じたものは、全て、一旦心に入れて反省をするのです。

それが八正道なのです。八正道を通しませんと、本物のことをつかむことができないのです。

先生の神理には、『心行の言魂』がありますが、この実情を通して皆さんにお話ししているのです。

私たちが目で見たこと、普通の表面意識で考えたこと、現在の経済界でも政界でも、これだけは捕まらないだろうと思ってするのですが、捕まるのです。

だから、自分の、眼・耳・鼻・舌・身・意という心だけで、ものを判断しないことです。

心に問う生活をするのです。

今日、こういう条件があったとすれば、自分の心の中はどういう条件であったかと、心に問うてみるのです。

己の正しい心に問うこととなり、これが反省なのです。

反省というフィルターを通さないと、本当に間違っているか、間違っていないのかという問題が出てくるのです。

正しく反省をすれば、引っかかってくるのです。それを修正するのが正法なのです。

正法だ、正法だと、掛け声はかけますが、切実な考え方を持たないと反省はできないのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。