お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「なぜ苦労ばかり」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

なぜ苦労ばかり

こうして短い人生の中でも、自分の眼前に出てくる様々な現象があります。

これは自分の心に原因があることを自覚をしなければいけません。その原因を修正するための、あの世の示唆であることを理解をして下さい。

家庭環境に不調和なことや、色々なことが起きたとき、その原因はどこにあるのかというと、自分の心の中にあるということを知って下さい。

現象が起きた場合には、よく自分の心を垣間見て、原因を追求して修正していくことが必要なのです。

これが、本当の正法の姿であります。

全ての人びとが、この世に幸福を求め、自分の調和を求めて生まれて来ているのです。

それにも係わらず、自分の心に逆行する家庭の現象が出てきた時には、これは神様が与えた、あるいは守護霊や指導霊が与えた、自分の心に対する目覚めのきっかけを貰ったのだということを感謝をし、それを反省してみて下さい。

それの修正を成し得た時に、調和や安らぎというものが皆さんの心のものとして体得できるのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。