膝が痛くてもできる筋トレは、順番を守って運動すれば大丈夫です

足の老化を防ぐことが健康の秘訣です。

けど、膝が痛いと運動がおっくうになります。一体どうすれば良いのでしょうか。

 

膝の悪い状態も人それぞれ

膝の悪い状態も色々あります。

  • 両膝が痛い
  • 正座ができない
  • 片膝だけ悪い
  • 正座はできるけど痛い
  • 階段だけつらくて、歩くのは痛くない
  • 疲れると痛くなる

数え上げたらキリがありません。

 

体の裏側の筋肉を鍛えます

運動の順番が大切です。

膝の痛い人は小さな筋肉から運動を始めます!

図解は運動の方法の紹介であり、重りは持たなくてよいです。

 

まず、ふくらはぎの筋肉

ふくらはぎの筋肉は足の安定を生み出します。歩行の時にぶれないようになります。

この運動をカーフレイズと言います

かかとの上げ下げをします。


credit: Everkinetic | Empowering Fitness

 

次ぎに、太ももの裏側の筋肉

太ももの裏側の筋肉をハムストリングスと言います。これは歩行にたいへん重要な役目をします。

この運動ヒップリフトと言います

お尻を上げることにより、太ももの裏側の筋肉やお尻の筋肉を鍛えます。

credit: Everkinetic | Empowering Fitness

 

最後に、太ももの表側の筋肉

歩行で前に進むときに必ず必要な筋肉です。この筋肉の太さが健康のバロメーターでもあります。

この運動をスクワットと言います

しゃがんだり、立ったりします。図のように重りは持たなくて良いです。


credit: Everkinetic | Empowering Fitness

ポイント

この順番でやっても痛みが出る場合はカーフレイズだけやって下さい。

 

この順番でやるのが膝を痛めない

今までは、太い筋肉からが常識でしたが、膝関節に障害がある人には当てはまりません。

健康な人はトレーニングの基本である大きな筋肉からやって下さい。

日常生活で必要な筋肉はマシンは不要です。自分で、そのような姿勢を取り動かせば大丈夫です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。