お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

70歳代男性、坐骨神経痛の原因は腸腰筋と多裂筋のバランスの崩れでした

日頃から積極的に運動をされています。

治らない坐骨神経痛

加齢による脊柱側弯もあります。

どうしても傾く方向への負担が増えます。本人さんも傾かない方向へ体重をかけると楽になるそうです。

治療内容

巨鍼療法

脊柱起立筋のバランスを取ります。但し鍼への耐性がある人だけです。

鍼が苦手な人は、他の方法でやります。

チクチク療法(長田式無血刺絡療法)

外側脊髄視床路のエラーを修正します。

腸腰筋アプローチ

歩行時のバランスや脊柱の側弯を修正します。

1回で改善しました。

脊柱の側弯を少しでも戻したいのですが、どこまで可能なのかは10回位治療しないと方向性は見えません。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。