お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

新型コロナ感染症のイメージのズレ 重症だと助からないかも 後悔しないためにワクチンを デルタ株は脅威です

お医者さんが考える重症度と、一般で考える重症度とは随分違うようです。

高齢者のワクチン接種が80%近くになりましたので、感染率や重症化率が激減しました。

今は、未接種の40.50歳代に広がっているそうです。

副反応に怯えるより、未知の副反応に怯えるより、感染したときの辛さを考えれば、ワクチンを打った方が得だと思います。

呼吸器疾患の既往がある人、飲食など対面の仕事や、仕事で他人と接触する人は、是非接種するべきと思います。

2021年7月29日報道によると、ある病院でワクチン未接種の看護師が1名感染し業務が停止しました。

新型コロナウイルス感染症は、ただの風邪ではありません。

 

引用:新型コロナウイルス感染症診療の手引き 第5.1版

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。