お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

デルタ変異体(インドで確認)に対する新型コロナウイルスワクチンの有効性が示されました NEJMより ワクチンは接種して下さい!

NEJM:THE NEW ENGLAND JOURNAL OF MEDICINE(ニューイングランドジャーナルメディスン)は、2021年7月21日 DOI:10.1056 / NEJMoa2108891 の発表です。

概略は2回接種すれば、感染力の強いデルタ株(インドで確認)にも、ファイザー社製で88.0%、アストラゼネカ社製(日本では未使用)で、67.0%の有効性が示されました。

モデルナ社製もファイザーと同じ製法なので準じると思われます。

この結果を見れば、副反応が怖いとか、数年後の副反応が怖いとか、明らかなアレルギー反応を経験したとか無ければ、ワクチンを接種するのが妥当だと思います。

感染したときの肺がコンクリートの様に硬くなり呼吸がしづらくなるのを考えれば自ずと正解が分かると思います。

自分だけは大丈夫という自信を持つのは止めて下さい。

ある食べ物に免疫力があるとかも都市伝説です。

接種した方が本当に得です。なぜ打たないのか理解できません。

B.1.617.2(デルタ)変異体に対するCovid-19ワクチンの有効性

結果(DeepL翻訳)

BNT162b2(ファイザー社製)またはChAdOx1 nCoV-19(アストラゼネカ社製)の1回接種後の有効性は, アルファ変異体(イギリスで確認株)の人(48.7%,95%CI,45.5~51.7)に比べ,デルタ変異体(インドで確認)の人(30.7%,95%CI,25.2~35.7)で有意に低かったが,この結果は両ワクチンで同様であった.
BNT162b2(ファイザー社製)ワクチンでは,2回接種時の有効性は,アルファ変異型の人で93.7%(95%CI,91.6~95.3),デルタ変異型の人で88.0%(95%CI,85.3~90.1)であった.ChAdOx1 nCoV-19(アストラゼネカ社製)ワクチンでは,2回接種の有効性は,アルファ変異型の人で74.5%(95%CI,68.4~79.4),デルタ変異型の人で67.0%(95%CI,61.3~71.8)であった.

RESULTS
Effectiveness after one dose of vaccine (BNT162b2 or ChAdOx1 nCoV-19) was notably lower among persons with the delta variant (30.7%; 95% confidence interval [CI], 25.2 to 35.7) than among those with the alpha variant (48.7%; 95% CI, 45.5 to 51.7); the results were similar for both vaccines.
With the BNT162b2 vaccine, the effectiveness of two doses was 93.7% (95% CI, 91.6 to 95.3) among persons with the alpha variant and 88.0% (95% CI, 85.3 to 90.1) among those with the delta variant. With the ChAdOx1 nCoV-19 vaccine, the effectiveness of two doses was 74.5% (95% CI, 68.4 to 79.4) among persons with the alpha variant and 67.0% (95% CI, 61.3 to 71.8) among those with the delta variant.

Effectiveness of Covid-19 Vaccines against the B.1.617.2 (Delta) Variant PDF10ページ

nejmoa2108891

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。