新型コロナウイルスワクチンの勉強(ファイザー社) 1人2回接種が必要なので実施するのは大変ですね

今後のワクチン接種はどうなるのでしょうか。

1人2回の接種

宮坂昌之(大阪大学免疫学フロンティア研究センター招へい教授、大阪大学名誉教授)は、よりたくさんの人へ1人1回の接種より、少なくなっても1人2回の接種をして免疫を獲得したほうが、相応の効果が出ると発言されていました。

初めては何事も大変です

インフルエンザと違って、1人2回の接種なのでワクチンの保管や確保、実施が益々難しくなると想像できます。

接種の間隔

18日以上の間隔をおいて、標準的には 20日の間隔をおいて2回接種することとし、1回目の接種から間隔が20日を超えた場合はできるだけ速やかに2回目の接種を実施すること。

引用:第44回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会予防接種基本方針部会 資料3 2021(令和3)年3月18日

接種回数と接種間隔
・1回目の接種後、通常、3週間の間隔で2回目の接種を受けてください(接種後3週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください。)。
・1回目に本ワクチンを接種した場合は、2回目も必ず同じワクチン接種を受けてください。

引用:ファイザー社のワクチンについて|厚生労働省

一瓶6回は打てない

報道で一瓶6回打てる薬液が入っているそうですが、契約?か理由は不明ですが5回しか打てない報道がありました。
ファイザー社ワクチン 1瓶から6回が5回に 接種人数減か | 毎日新聞

想像するに、5回打つ薬剤の仕様だったのでしょう。

コロナワクチンナビ

新型コロナウイルスワクチン接種の総合案内
コロナワクチンナビは、新型コロナワクチンの接種会場を探したり、どうやって接種を受けるかなどの情報をご提供しています。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。