お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

ファイザー(株)社長 菅総理と協議後のTwitter 日本へワクチンを供給するとは明言していない

先日の会見で、菅総理がワクチン供給を取りつけたと言われていました。

しかし、ファイザー(株)社長:アルバート・ブーラ氏のTwitterでは一言も触れられていません。話し合ったとだけ言っています。

その上、欧州連合(EU)にワクチン1億回分を年内に追加供給するとツイートしています。

やっぱり、米国やヨーロッパが優先なのでしょうか。

推し量るのが得意な日本人である菅総理と、巨大製薬会社の社長では、年内に供給するとの一言を引き出すのが無理だったのでしょうか。

ファイザー(株)社長:アルバート・ブーラ氏

Albert Bourla – Wikipedia

日本経済新聞の記事

日刊ゲンダイ

アルバート・ブーラ氏のtweet

Twitter内で「@AlbertBourla japan」で検索してみて下さい。

Twitter機械翻訳結果

COVID-19の蔓延を管理し続けるために、世界中の政府と継続的な議論が行われています。今日は日本首相に会いました@sugawitter(菅総理アカウント)ファイザーの追加投与量の提供について話し合う-BioNTech #COVID19ワクチンと安全への私の希望を共有しました@Olympics東京で。

欧州連合(EU)にワクチン1億回分を年内に追加供給するとツイート

Twitter機械翻訳結果

私たちが供給することを発表してうれしいです@EU_Commission
ファイザーの1億回の追加投与-BioNTech #COVID19今年のワクチンは、EUに提供される総投与量を6億にもたらします。https://pfizer.com/news/press-release/press-release-detail/pfizer-and-biontech-supply-european-union-100-million-0 (2/2)

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。