お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

新型コロナワクチン接種後の発熱や痛み 市販解熱鎮痛剤利用はOK 不安なら医師薬剤師に事前に相談

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進んでいます。

任意接種ですが、できるだけ打って頂くと個人の免疫はもとより、集団免疫ができるのでお願いします。

2回目の接種の後に、発熱や痛みが出る場合が多いです。年齢が若いほど強く出る傾向にあります。

厚労省の見解

参考資料
Interim Clinical Considerations for Use of COVID-19 Vaccines | CDC

副反応への準備

解熱剤を準備するなら

  • アセトアミノフェン
  • イブプロフェン
  • ロキソプロフェン

ロキソプロフェンは薬剤師さんが居ないと購入できない第1類医薬品です。

市販商品名

購入する前に薬剤師さんに相談しましょう。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。