お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

小学生の踵の痛み 仙腸関節の機能不全が原因 矯正法(マニュピュレーション)で痛みは消失しました

小学3年生のお子さんが祖父母と来院されました。

症状は歩行時の片方の踵の痛みです。

MRIは異常無し

踵の痛みでMRIで異常がでることは考えにくいのですが、心配だから検査をしてもらったそうです。

成長痛ではない

通常、子供の色々な痛みは成長痛ですと言われることが多いのですが、それは治療する方法が無いからです。

踵や股関節の痛みは仙腸関節の機能不全が原因です。

膝のオスグッド病は、直接の原因ではありませんが、仙腸関節の機能不全を修正すると痛みは減ります。

治療

片方の踵の痛みでしたが、仙腸関節に対する矯正法マニュピュレーションを行い、その場で痛みが消失しました。

関節面が変わるために

子供の場合は成長時に関節面が変わるために、機能不全が起きやすくなります。

そのまま湿布などで放置してても時間経過で痛みが消失する場合が多いのですが、人によってはそれがきっかけで特発性側弯が起きることがあります。

大人でも一緒

大人でも踵の痛みは第一に仙腸関節の機能不全を疑うべきです。

何事も、早期発見、早期治療が大切です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。