お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

村上宥快和尚さん説法「使命と目的」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

使命と目的

この世に生まれ出てこられたことについて、たびたびお話しを申し上げてきましたが、人間には目的もあり使命があるから生まれ出てくるのです。

そして神仏の子としての使命と目的を果たさなければならないことを知らねばなりません。

私は人生の反省の末、ようやく分かったのです。

今生という、かけがえのない人生を無駄にしてはなりません。

良くても悪くても人間はその使命と目的を果たさなければ、いく度でもやり直しをしなければならないのです。それが人生というものなのです。

そして、物の道理や人間としての道義をわきまえ、人間は一人では生きられないことを知ったならば、人と人との調和をはかり、仏国土(浄土)、即ちユートピアの建設を地球上に打ち立て、それが終わればまた新たなる天体を求めて移動して、任務に就くのが神仏の子としての人間の努めであります。

永遠の未来まで限りなく続くのです。

目先の利欲や、わがままな心を、張り出せば張り出すほど「苦しみ」を造り出すことになり、己れが苦しまなければなりません。

利欲とは – コトバンク

それと共に、私たちは体・物・金も何一つ自分のものではないのです。すべて魂の修行するための借りものなのです。

この世を去るとき持ってかえることのできるものは、光の肉体である光子体と、この世で体験した思ったことと行動した意識の記憶しか持ってかえれないのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。