お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

村上宥快和尚さん説法「正定」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

正定

正しく見、正しく思い、正しく語る、正しく仕事をする、正しく生活をする、正しく道に精進をする、正しく念ずる、という七つの規範が、生活に寄与されているかを反省することを、正しく定に入るといいます。

これが八正道なのです。

私たちの心は大きな関連性を持っているのです。

神の心に到達してみれば関連性がよくわかるのです。

私たちは神の意志を体して生きている、万物の霊長である人間なのです。

ですから、自分の心を大切にすることは、いわゆる自己保存とは全く違うのです。

自分の心を大事にすることは、妬み、恨み、誹り、愚痴、怒り、葛藤、闘争という心を起こさないことです。

起こしたならば、八正道というフィルターにかけてみると、どこに自分の欠点があるかがわかるのです。

そうして、欠点を修正するのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。