お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「操り人形」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

操り人形

私たちは、あの世から見ると操り人形と同じです。

操り人形は、糸で吊り上げて操作しますが、私たちはあの世からコントロールされているのです。

この男は変な所へ行きやがった。守護霊や指導霊が、あの世で一生懸命コントロールするのですが、言うことを聞かない困ったやつだ。

そうして、何度も何度もやり直しをするのです。やはり、何度もやり直しをしないようにして下さい。

正法は、一度悪いことがわかれば、再び同じコントロールを受けないようにして下さい。あの世から見れば、そういう条件の中にあるのです。

操り人形である私たちも、あの世から、霊子線という意識をコントロールする線を、向こうで操っているのです。

それが指導霊、守護霊なのです。

ところが、日本でも、偉大なる科学者は、俺の頭のせいだと考えているのです。

俺たちは頭がいいから、俺たちは学校で勉強ができたから、こんなこと関係ないのです。あの世で全てコントロールしているのです。

だから、使命や目的のある人たちは、あの世から、ものすごい作動を受けているのです。

守護霊や指導霊が、私たちの心に忠実に色、作動するのです。人には嘘をつけても、己の心に嘘のつくことのできない心なのです。

これをわからないで、株価操作や、横領や、脱税など社会を誤魔化したと思っていても、全て、尻尾が出てくるのです。

尻尾を出すことも、あの世でするのです。隠すことはこの世でやりますが、暴露するのは、あの世でするのです。

「天知る、地知る、我が知る」このような条件が、きちんと区画されているのです。

天知る、地知る、我知る、人知る – 故事ことわざ辞典

これを知ると、この世でどんなに恰好の良いことを言っても、私は悪くないと言っても通じません。

政治家でも、経済界でも、逃げ出そうとしています。自分の心に偽りを感じているのだから、辛かろうと思います。

この仕組みを、本当に知って、自分の心に辛い心を作らないようにして下さい。

自分が悪いと知ったら、二度と間違いを犯さないことです。現代は、物質や経済に、心が流されて、地獄に沈淪しているのです。

これだけは一つ、警察にわからないだろう、検察庁にはわからないだろうと思っていることが、全てわかってしまうのです。

ほとんどの人びとは、都合のいいことを考えておりますが、皆、予測してないのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。