お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

加圧トレーニングがウォールストリートジャーナル誌に掲載されました

来年2016年はアメリカで大流行するかもしれません!?

提灯記事ではなくて、賛否両論掲載してあるのでさすがですね。

概略

アメリカOlympicチームのスキーヤー、Todd Lodwick (トッド・ロドウィック)選手がソチオリンピックの1ヶ月前に上腕を骨折しリハビリに加圧トレーニングを使用し、驚異的な回復を遂げオリンピックに出場した。

NASAでも採用前の事前試験が始まる。

加圧トレーニングの機序の説明。

腕や足を緊縛するというトレーニング行為は以前からあった。

加圧トレーニングは乳酸を貯めて脳への刺激にて色々な作用が出る。

美容効果についての言及、肌のトーンが上がるなど。

糖尿病の患者さんへの加圧トレーニング後に発症したと思われる症例報告があり、より安全な加圧トレーニングを求められている。2015年。
Vision Loss by Central Retinal Vein Occlusion After Kaatsu T… : Medicine

東京女子医大の加藤義治教授は高齢者の筋力低下に加圧トレーニングを使用していた。

ミシシッピー大学のJeremy Loenneke氏は、血流制限トレーニングは筋肉の強度とサイズを強くすると言っている。

発明者は佐藤義昭氏で、1970年代に正座の時の足のしびれがヒントであった。

WHOに医療として認可してもらえるように働きかけている。

費用はマンツーマンで50から80ドルである。

加圧ナノを開発した。

Todd Lodwick (トッド・ロドウィック)選手のコメントはもらえなかった。

 
記事全文リンク先
Can You Work Out Less, Get More Results? – WSJ

動画リンク先
Could the Kaatsu Workout Be the Most Efficient Exercise?

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。