お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

WHOの解説 清潔な手が感染を防ぎます!正しい手洗いの紹介

WHOによる手洗いの方法の紹介。

WHO | Clean hands protect against infection

清潔な手が感染を防ぎます

自身を守る

  • 定期的に手を掃除してください。
  • 石鹸と水で手を洗い、完全に乾かします。
  • 石鹸と水をすぐに用意できない場合は、アルコールベースの手指消毒薬を使用してください。
  • 手を正しく洗うにはどうすればいいですか?
  • 適切に手を洗うには、
  • 以下の画像を使用して「Happy Birthday」を2回歌うのに必要な時間がかかります。

手洗いの方法(図参考)

  • 水で手を濡らします。
  • すべての手の表面を覆うのに十分な石鹸を塗ります。
  • 手のひらにこすりつけます。
  • 組み合わせた指での左背部上の右手のひら、その逆も行います。
  • 手のひらと手のひらを組み合わせます。
  • 指が噛み合った状態で、指の反対側の手のひらに。
  • 右手のひらに留められた左手の親指の回転摩擦、その逆も行います。
  • 回転摩擦、左手のひらで右手の握り締められた指で前後に、その逆も行います。
  • 水で手をすすぎます。
  • タオルを使用して完全に乾かします。
  • タオルを使って蛇口をふきとってください。
  • そしてあなたの手は安全です。

洗った手で再び蛇口を触らないのがポイントです。

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。