お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

【センメルヴェイス・イグナーツ】手洗いが病気の治療に役立つのを最初に発見した人

センメルヴェイス・イグナーツ

産褥熱の治療で発見されました。当時の死亡率は10-20%以上だったそうです。

産褥 – Wikipedia

が、当時の医学界から追放され失意のうちに亡くなられました。

死後、パスツールやリスターが消毒法を確立し、センメルヴェイスの理論が証明されました。

センメルヴェイス・イグナーツ – Wikipedia

日本では水が豊富に有るので、簡単に水を使えますが、ほとんどの地域では水が貴重品になっています。

妊婦の死亡率を劇的に下げた「院内感染予防の父」の信じられない末路 – All About NEWS

石鹸の会社サラヤの活動

サラヤ株式会社・東京サラヤ株式会社
の活動が評価されています。

「SARAYA 100万人の手洗いプロジェクト」
saraya20100403.pdf

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。