IPv4からIPv6(notプラス)へ接続を変更 計測すると爆速になりました IPv6 PPPoE接続は✖ IPv6 IPoE接続は○

ルーターはヤマハRTX1200を使用しています。

スイッチングハブもギガビットの対応品に交換しました。

設定方法

この機種はIPv6Plusの設定ができません。

v6プラス対応機能

IPv6の設定をコマンドを入力して速度の変化を見てみます。

この設定はかえって遅くなりました。
フレッツ光ネクスト インターネット(IPv6 PPPoE)接続 : コマンド設定

こちらが正解です。
フレッツ光ネクスト インターネット(IPv6 IPoE)接続 : コマンド設定

IPv4 IPv6

インターネット10分講座:IPv4/IPv6共存技術 – JPNIC

IPv6で繫がっているのかテストするサイト

結果

Fast.comの結果

インターネット回線の速度テスト | Fast.com

IPv4 IPv6の接続状況

fallbackの設定が上手くいきません。
27.16 DNS フォールバック動作をルーター全体で統一するか否かの設定

ドイツのサーバーへの接続スピード

フランスのサーバーへの接続スピード

IPv4のが速い結果です。

IPv6Plusの設定ができるルーターが欲しいです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。